スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昼休み日記 その2 料理に目覚めて。



皆様、どもども。
シンガポール太郎でございます。

突然ですが、自慢します。

私、昨年、息子がシンガポールに来てから、料理をはじめました。

何事も、どうせやるならば人一倍エンジョイすると言うのが
私のポリシーですので、料理もエンジョイしながら続けており、
最近はかなりの腕前になりました。

信じない方のための証拠写真をご覧ください。


1.jpg

2.jpg


3.jpg

4.jpg

5.jpg


6.jpg


7.jpg


8.jpg


そしてそして!
最近は料理に煩くなり、味付けも普通の味覚だけでなく、
第六の味覚、つまりは旨みを追求している日々です。

ですので、すごい料理が最近多いのですが、
息子は味覚音痴で、さっぱり私の料理の凄さが分からないので、
時々文句を言いたくなります。

この間もビーフシチューをつくったら、
『カレールーを入れて、カレーにしてくれた方が良かった。』
とか言いやがりましたから、激怒したところです。

ですので、最近の私の口癖は

『若い、若いな。この旨みが分からないのか!』
とか
『この料理に文句が有るなら出て行け!日本に帰れ!』
とか
『味の分からないやつに食われる俺の料理が可哀想だ!』

てな感じで、ガチで文句を言っていたら、












かいばら…

って言うから、何の事かとおもったら、













































Oishinnbo_16.jpg

おいしんぼの海原雄山だった…

息子に海原雄山 ってあだ名をつけられた。

もう、息子はどうでも良いので、
料理を食べてくれる彼女を作ろうと思います。

シンガポール太郎

絶対押してください。



にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。