スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧日本軍の組織的欠陥と私の婚活について

私は日本的経営の問題点の多くが旧日本軍の組織的欠陥と
似通っていると言う持論をもっています。

例えば、旧日本軍の大東亜戦争でのインパールやミッドウェーでの個別の
作戦を検証してみると、
圧倒的な兵力差に対して精神論にて乗り切ろうとしたり、
兵站、いわゆる補給線の確保を考えずに広範囲に進出したり、
はたまた、目的が曖昧な作戦を決行し多大な被害を出したり、
一つの作戦に複数の目的を持たせて、目的を不明確にしてしまい、
前線の意見を汲み取らずに中央が独善的な判断を行う、
また、前線においても情緒的により作戦立案が行われるなど
大よそ合理的とは思えない行動が山盛りなのです。

この理由としては、
上下関係において、上の判断に異を唱えにくい組織であること、
気質として、情緒的な判断が採用されやすく、
組織における個人への評価も情緒的な判断により行われる事。
和を重んじる気質であるということ、等が原因であったのであろうと推測されます。

そして、
これは現在の日本企業にも当てはまることが多いです。

補給線を無視した戦線の拡大、
戦力の逐次投入、
短期的な利益か、将来への経営基盤の確率か、
それとも個人の自己顕示欲なのか、いったい何の目的のために進出するのか、
これらの目的が明確にならないまま、またはオブラートに包まれたまま、
ブームにのった新規進出、
不採算部門に対する情緒的なこだわりなどから撤退が遅れ被害を大きくする、等など

書き出すと、枚挙に暇がなく、
いまだにこれらの体質が改善されていない企業が多くあるのです。
これは戦前の日本軍の気質をそのまま企業経営に持ち込んだ経営者によって育てられた世代が
いまだに日本企業に多く残っていると言う事であり、それらの悪習を払拭できていないと言う事に他なりません。

確かに、
和を重んじ、情緒を社是とし、上役の意見に従うと言う、
組織特性は組織自体の内部からの崩壊を防ぎ、
安定的に運営すると言う目的では一理ある手段であるといえます。

実際、戦後、日本の組織一般がおかれた状況は
それほど重大な危機を伴うものではなかったわけで
国の発展に伴い、精一杯目の前の事に取り組む事こそが成功の秘訣でしたから、
従来の組織原理に基づいて、組織を安定的に運営する事は理にかなっていたともいえるのです。

しかし、
簡単に言うと、これらの組織原理は安定を守るためのものですから、
平時においてのみ、有効な手段であり、
下手を打つと直ぐに企業が傾いたり、
海外に攻めていかなければ将来展望が見えないと言った、

所謂、外敵にさらされるような状況、
すなわち、緊急事態においては
これらの組織原理は大東亜戦争時と同じような非合理的な作戦を生み出し、
大きな犠牲を払ってしまう可能性があるという危険性をはらむのです。

我々、現代社会の日系企業に勤めるサラリーマンはこの点に留意しなければなりません。
自分の会社がどの様にしたら生き残れるのか、その為には自分が何をするべきか。
と言う視点を持っている必要があるということです。

私が考えるに、我々日系サラリーマンは
平時においては、上司を敬い、上司に手柄を取らせるように働く必要があります。
私個人としてもアメリカンのように自己欲の為だけに、人の足を引っ張ったり
競争し続けると言う状況では心が落ち着きませんし、
明治生まれの祖母に育てられた私はそんな事をしては祖母に合わせる顔が無いとすら思います。

しかし、有事の際において、明らかに間違った非合理的な作戦が展開され、
その点を譲らないものがいるならば、
先を歩いている上司の首を予告無しで一刀両断に後ろから切り飛ばす位の気構えが必要であり、
それは我々の世代の義務であります。

チャキーン!『また詰まらぬ物を切ってしまった。』石川五右衛門(ルパン三世、カリオストロの城より)

と言うように、嫌々ながらも切らなければならないのです!

で、まあ、皆さんはここまで聞いても

『はぁ!だから?!』

って感じでしょうが、
ここからが婚活の話ですので落ち着いて聞いてください。

私は後2ヶ月(正確にはあと56日)で40歳になってしまうんです。
三十代があと56日で終わってしまうのです。

俺的に緊急事態です。

そこで、過去の事例にこだわらず、
合理的に作戦を立て直さなければなりません。

私は今まで三十代の女性を狙って婚活をしてきました。
端的に言うと、大人の女性が好きなのです。
私は家庭生活に癒しを求めていましたので
必然的に色々と経験した大人の女性に惹かれると傾向が多かった為です。
三十代のほうが落ち着いて恋愛を出来ると思っていたんです。

しかしね!
現場からの報告じゃないですけど、婚活最前線にいる俺が最近よく思うのはですね。
三十代の独身女性よりも、二十代の独身女性のほうが圧倒的に数が多いんですよ。

しかも、ぶっちゃけて言いますけど、三十代で未婚の女性は気難しい人が多いです。
殆ど全員が美味しんぼの海原雄山なみに気難しいと思ってもらって結構です。
尚且つ、目が肥えていて、男に対する要求とかレベルが高いですからね。
ぶっちゃけ、難しいですよ。三十代の後半なんかバブルにかかるしね。半端ない。

で、これに対して
私は作戦を変更しました。

俺は合理的に判断してもう三十代の女性とはグッバイすることにしました。
もう、わがままを言っている場合じゃありません。
まあ、三十代の女性の方達も俺が三十代の女性とグッバイしてもどうでもいいでしょうし、
『どうぞどうぞ!お引取りください!息を!』
って感じでしょうから、私も遠慮なく言わせていただきたいと思います。

これからは、二十代を狙っていこうと思います!
40になるおっさんが何を言っているんだといわれてもそれは固定概念であり、
合理的に考えるとこうなるんです。致し方ないんです。

二十代の女性にはグッと来る事は少ないんですけども、
なんというか、話していて素直ですし、何より自分に正直だと思うんです。
現実的に考えて、そりゃあ若い女性にだって落ち着いている女性だっているはず。
今まであんまり経験が無いだけで、二十代の女性だって素晴らしいはずです!

考えてみると、私の目的は幸せになりたいだけなんです。
幸せな家庭を築きたいんです。

俺は作戦の目的を見失っていた!だから駄目だったのだ。

もう一度言いますよ。
幸せになりたい、ただその一点だけなんです!!

ですので、
三十代だけに拘るなんて、待ったく意味の無い行為だったのです。
40になってやっとこの事実がわかるとは、俺はなんと愚かだったのか。
人生折り返しなってやっとこんな簡単な事がわかった。

×1の女性はさて置き、独身の三十代女性は全員が海原雄山ですからね。
今まで何人の海原雄山に振り回されてきたのか。
海原と結婚したって、幸せになんかなれない。

うるさい、好き嫌い言わずに食えと言いたい!

だから、二十代の女性とデートを重ねて生きたいと、もとい、行きたいと思います。



まあ、日本軍はまったく関係なくなったけど、宣言して終わりたいと思いますが落ちがつきませんので
今の私の気持ちを詩にして書いて終わりたいと思います。

-----------------------------------------------------
三十代の女性とオサラバナノサ、だって気難しいんだもの
でも、三十代の女性にだってイイトコロモアルサ、人間だもの
三十代の女性たち、何かあれば今まで通り俺を頼ってくれてもいい。
いいんだよ。三十代でも友達ならいいんだよ。
------------------------------------------------------

私の切ない気持ちを相田みつを風に仕上げてみました。

それでは、明日ゴルフなのでこれで終わります。

シンガポール太郎

馬鹿でも…いいじゃない、人間だもの。
ランキングに参加しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何歳でもいいから頑張ってください

太郎師匠の結婚祝いには 呼ばれなくてもどこにいても飛んでゆきますので、頑張ってください。

Snow-water さん

たしかに...早まりすぎかもしれません。

これからは20代~40代をターゲットにします!

お目当ての人が居るって分けじゃないですよ。
これから、探してみます!

> シンガポールが好きでブログ村を見始め、タローさんのUPをひそかに楽しみにしていつも拝見しています
> わたしは一足お先に40代になった同郷女子ですが、20代の女子にターゲット宣告…早まりすぎではないデスカ?
> ひとくくりにせずいつでも柔軟に~すると素敵な方と出会えますよ!
> もしかして20代女子にお目当さんがすでにいていてのことなら…ウルサイ話でごめんなさい
> 応援してま~す♪

ゆゆさん

わかりましたあ!
なるべく早く来ていただけるようにがんばりたいと思います!

> 太郎師匠の結婚祝いには 呼ばれなくてもどこにいても飛んでゆきますので、頑張ってください。
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。