スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の男

ちょっと細身で大人の雰囲気をかもし出している男は何やら自信あり気に見えるが、
その実大したことは何も考えていない。

若かりし頃はその種の男に憧れていたりしたものだが、
いま、俺自身がおっさんになったので良くわかる。

中身の薄い奴ほど押し黙り、何か考えている振りをし、大人であることを強調したがるものだ。

そもそも、世の中と言うものはその大半がたいしたこと無い事で満ち溢れている。
だから、喋る必要は無いと考えているのかもしれない。

確かに、ある特定のカップルが食事で何を食べるのか。そんな事はどうでもいいことだ。
どうせ、飯を食ったら一緒に寝るだけで、
それがお茶漬けだろうが、ホッケンミーだろうが、
そんな事を喋る事に何の意味があるのか。適当にイタリアンでも食わせておけ。

と言う事だ。

しかし、その真実に乗っかり、顎鬚とか生やしている男は得てして、
そして、まったく持って駄目だ。

考えながら押し黙らなければならない。

と言う法則を、私は先ほど発見しました。

...

いや、暇だから...

と言うわけで、このまま大人になってはいけない。
私はくだらない事を一生懸命にやっていきたいとおもうのです。
薄っぺらにはならない。

そこで、私はこの有り余った時間を使い、自分のカラオケの持ち歌を整理しています。
カラオケなんてもう1年以上も行ってませんけれども
やっぱり、人にはそれぞれ得意な歌というものがありますし、
真の大人であれば、TPOにあわせて歌い上げなければなりませんから。なりませぬゆえ。

と思いながら、ぼえー と歌っていたのですが、
やはり、しかし、それでも暇でなりません。

如何したら、いいんでしょーか!
いいのでーしょーーーーーか?


もう寝ます。

シンガポール太郎

いま、気がついたんですけど、
カウンターが76749です。
77777で景品を出したいと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。