スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退屈です。

皆様、どもども。

シンガポール太郎でございます。
私はいま、猛烈に退屈しております。

----------------------------------------------------------------------
退屈とは、

ある程度の時間にわたって、興味(好奇心)を持てる感覚的な刺激が得られない状態で、
その状態を維持することを求められると、
当初はどのようなものかに興味が持てるかもしれないが、
その内容に見通しがつき、それが興味を維持できないものであった場合、飽きが来る。

それでも止めることを選択できない場合、それを続けるのが苦痛になる。
この状態が退屈である。
教科書をただ棒読みするだけの先生の授業を聞いたり、
会社での単調な作業はひどく苦痛である。
これが退屈という感情である。

退屈は眠気を誘発することがよくあり、まずあくびが出る。

そのまま寝入ることを居眠りという。
----------------------------------------------------------------------

今日は朝から四半期の決算説明でWEB会議で本社の偉い人達になんだかんだと言われて居たのですが、
黒字なんだから黙っていろ、と言いたい気持ちが体調に作用したのか、
めちゃめちゃ眠くて半分居眠りしてました。

自分の説明部分を終えた他の人が説明を続けている間、完全に白目をむいてました。

相手は大人数居ますから、
こちらからパソコンを通じてみている画面では偉い人たちの顔は小さくしか見えないのですが、
俺の姿はあちらのスクリーンにドアップで写るらしいので、
たぶん、こんな感じになってたと思います。

china-snooze-cheet-seal-02.jpg


しかし、何ですな。退屈です。

退屈すぎるので、
皆さんの悩み相談をしたいと思います。

リアルタイムで更新したい位に
暇なので早く悩みを送ってください。

パソコンから見ている方はメールで送ってください。
どんな些細な悩みでも結構です。

んーで、まあ、暇なんでネットしているんですけど、
しかし、IT革命って、生産性落ちてるよね。
俺の場合は遊んでばっかりですよ。

世界不況の原因はIT革命じゃないかと思います。
仕事の効率が上がりすぎ、自動化されすぎた結果
雇用が減少、購買欲の現象、不況、と言う結果です。

暇だから、これを書こう。

世界経済の行く末について考えてみよう。

元々、大昔の経済と言うものは

米を作っている人が、余った米を漁師が持っている肴と交換した。

これが最初だと思うのですが、
次に米が余り、尚且つ、魚を買ってもまだ米があまった場合に
それを蓄えておいて、冬の食物が無い時期に鹿の肉を買ったりする為に
貨幣ができました。

しかし、それが定着すると
皆、お金を得る為に無制限に米を栽培し、魚を取り、鹿を狩るようになって
その村では皆、色々なものが足りてきてしまい米も魚も肉も余ってきた。
そこで、皆が物を欲しがっている隣村に行って売ろうじゃないかと言うことになる。

で、全世界的にこれが少しずつ展開されて来て
近年は物凄く物流などのスピードが速くなった。

昔で言う冷戦もなくなり、世界各国が何処に物を持ってもよくなったことから、
世界で一番安いものが、世界中を席巻する事になった。
仮に、中国製品、アジア製品とします。

これにより、ヨーロッパで物を作っても、日本で物を作っても、アメリカで作っても
物が売れない。雇用が減る。給与が無い、物を買えない。

中国、アジアの人達は当初は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたが、
その為に買い手側を弱体化させ、今まさに、客が弱ってきていると言う状況に陥っているのです。
行き詰まりといえます。

では、仮に中国、アジアの人たちが自分で物を作って、
自分で使えば良いじゃないかと言う意見もあると思いますが、
考えて見てもらえばわかると思いますけど、
中国10億人、全員が一日に一台テレビを作ったら、
1週間で世界中の人口以上のテレビが生産できるわけです。

勿論、人間はテレビだけで生きているわけでは有りませんが、
工場自動化の時代、人間なんか少なくても自動的に物が製造できる
現代の世の中において
一日に1台のテレビ、次の日に車、、次の日に冷蔵庫、と作ったとして
直ぐに作ったものを、使う先がなくなってしまいます。

つまり、生産能力が過剰すぎて、物の価値を下げています。

グローバル化で世界が繋がった結果、
あまったものを隣の村に売りに行く、と言う隣村が既に存在しなくなった。
世界が一つの村になってしまった。

この為、世界経済は同時に不況となり、
同時に景気がよくなると言う図式なのです。

ではどうすればよいのか、
次に企業はアフリカに行こうと考えると思います。

しかし、私の個人的見解としては、
この経済活動の急拡大と停滞と言うスパンは
現在、非常に早くなっており、アフリカの方たちが裕福になるとしたら、
それは非常に早い期間で飽和します。

もっと言うと、生産がアフリカに移り始めた場合には
このグローバル社会では、再び、安いものが世界を席巻します。
すると、中国人やインド人もこぞってアフリカ製を買う事となる。

その結果、中国やインドで働く膨大な数の労働者達が失業した場合、
全世界で需要を維持できるだろうか。

これは、全世界的なデフレであり、
即ち、全世界的な経済の拡大はもはや望めない状況となる日が
刻一刻と近づいているのです。

ですので、儲かるのは企業だけであり、
海外生産を推し進めているサムソンは一人勝ちの様相を呈していますが、
韓国は不況であり、経済状態が健全だとはいえません。

最後に残るのは、企業だけ。人は残らない。
トヨタに日本人が必要だとすれば、
開発や企業マインドを受け継いでくれる最低限の人だけになってしまいますし、
トヨタが幾ら儲かっても、日本はつぶれると言う図式です。

アフリカに行っても、生産力過剰に拍車が掛かるだけなんです。

もう、売り先の急拡大は期待できない。
数年は良いかも知れないが、10年と言うスパンでみれば
確実に行き詰るのです。

皆が満たされた場合、必要なものがそろってしまった場合には
生産しても売れず、売り買いが無いので貨幣があまり、
その結果、貨幣を幾ら発行しても経済が活性化しなくなってきていて、
物の価値は下がり、貨幣の価値も下がる。

そりゃそうですよ、買う物が無いのだから、物と交換する貨幣の価値も同様に下がります。

ですので、石油や金などの有限資産が数年スパンで上下しながらも、
長期でみて値上がりを続けているのはこのせいなのです。

無限に発行できる貨幣、製造すれば幾らでも製造できる電化製品などの
価値が下がってきているので、石油などが値上がりしているように見えるに過ぎない。

良く、デフレ、デフレ、と言うが、

恐らくは、物の価値 < 貨幣の価値 < 有限なもの

と言う図式で、一見すると物の価値に比べて貨幣の価値が上がっているように見えるが、
実は貨幣の価値も下がっていて、金や石油が値上がりしているように見えるのではないか。

つまり、全世界の貨幣の価値が低下していて、
尚且つ、物の価値も下がっている事から、
一見すると、貨幣価値が上がっているように見える通貨もあるが、実際には違うのではないか。

人が作るもの、全ての値段が下がっているのです。
金も物もどんどん余ってきていて、
どんどん需要が減っているのではないか。



と言う事なんじゃないか?
よく分かんないですけど、多分そうだろう。
実際は良く知らんけど。

では、どうすればいいんだ、
と言う事ですが、解決策はありません。

だって、皆裕福になりたいんですから
生産するなとも言えないし、現実、高いものは買いたくないからやっぱり中国製を買うよね。

もう終わりなんです!世界が終わりなんです!

ちゅどーん!


暇な為に書き始めた結果、世界が滅亡しました。

まあ、どうでも良い話だった。
とりあえず、息子を育て上げて、
飲み会とかして、彼女を作って再婚しよう。

まだ暇なので、
悩みがあったらメールしてください!

シンガポール太郎

ここからランキングに戻れます。


にほんブログ村
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【退屈です。】

皆様、どもども。シンガポール太郎でございます。私はいま、猛烈に退屈しております。 ------------------

コメントの投稿

非公開コメント

ちゅどーん♪

って懐かしいですね(笑)


「暇な為に書き始めた結果、世界が滅亡しました」

に思わず大笑いしそうになりましたが、一応私も今職場にいるので、何とか堪えました。

もともと、「財=愛」だったそうですが、今はその法則が狂ってしまったと聞いた事があります。
でも、また近々このルールに戻るらしいですよ!!
ですので、近い将来、「私にはお金が有りません」=「私には愛が有りません」って言ってるのと同じになるらしいです・・・☆

ところで、太郎さんは大阪にいらっしゃる事は無いんですか??

Re: ちゅどーん♪

玉依さん

コメント有難うございます。

財は愛であった。なるほど。
最初は財を蓄えて、愛するものを養ったり
良い生活をさせて、自分が死んだ後も安泰に暮らせるようにと
財を蓄えていたのが、
いつの間にか、財を蓄えるのが目的になってしまったと言う事ですね。

目的と手段が入れ替わってしまった。勘違いしてしまっている典型ですね。

自分、大阪に行く用事はまったく無いんですが、
ラブコールを頂ければ何処にでも行く、を身上としております。

ラブコールお願いします。


> って懐かしいですね(笑)
>
>
> 「暇な為に書き始めた結果、世界が滅亡しました」
>
> に思わず大笑いしそうになりましたが、一応私も今職場にいるので、何とか堪えました。
>
> もともと、「財=愛」だったそうですが、今はその法則が狂ってしまったと聞いた事があります。
> でも、また近々このルールに戻るらしいですよ!!
> ですので、近い将来、「私にはお金が有りません」=「私には愛が有りません」って言ってるのと同じになるらしいです・・・☆
>
> ところで、太郎さんは大阪にいらっしゃる事は無いんですか??
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。