スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美しく生きる。

皆様、どもども。
シンガポール太郎です。

先ほど、日本から帰ってきまして
現在、シンガポール時間にてAM2:00なのですが
寝付けませんのでブログでも書きます。

今回、日本滞在中に心に残ったことが2つあります。
こういう心の起伏は単純な出来事と違い、
記憶しておくことが難しいので
備忘録として、ここに書き出しておきます。

一つ目

うちの会社のために働いてくれている、アイルランド人の初老の弁護士さん。

この方は以前、某大手商社に勤務されており
何千億円と言う大きな案件、例えばイランなどの国を相手に行われる、
訴訟などを担当されていたような、国際弁護士さんです。

優秀な方であり、その商社を退社されたあとは
色々な縁があって、当社のアドバイザーになってくれています。

この方、名前を仮にジムさんとしますが、
あるとき、私はジムさんが、
アイルランド人なのに退職された後も日本に住んでいるのを疑問に感じて
理由を聞いてみた所、良い話を聞かされました。

ジムさんが今も日本に住んでいる理由。

ジムさんには昔、日本人の恋人が居て、結婚を約束していたのですが
その女性はジムさんの薦めにより、海外に英語留学に出て
留学先にて交通事故にあって亡くなられてしまったんです。

その為、ジムさんは恋人の死を惜しみ、悲しみ、
当時貯めていたお金を全て、
恋人のお母さんに贈与して、日本に永住することに決めたそうです。

亡くなられた恋人との思い出がある日本を離れられなかったんですね。

そして、時は流れて、現在。

今回、帰国中にジムさんと久しぶりにお会いする事ができたのですが、
病院によってから出社するというのが、
遅くなり何かあったのだろうかと思っていましたが
案の定、ジムさんは検査で癌が発見され、
今後闘病生活を送らなければならなくなってしまったそうです。

で、まあ、その話を聞いた直後は単純に、
同情する事しかできなかったのですが以前聞いていた、
ジムさんが日本に残った理由や、今も独り身でいることや、
癌になったと言っているジムさんの落ち着いた物言いなど、
いろいろな事を思い出すうちに、なんとも言えない気持ちになりました。

生き様が美しい。

その強さと優しさには
感服するほかない気持ちです。

二つ目

私が日本にて参加しているボランティアでの事です。
会社の都合にて、シンガポールに転勤させられましたが
今でも一月に1回は帰ってボランティアに参加しています。

で、そのボランティアを通して、同じ児童福祉施設に入っている
高校3年生の兄弟のような一組の男の子と女の子と知り合いになりました。
まあ、その男の子は私が担当している子でして、
女の子は同じ施設で育った仲良しの子なんです。

男の子は、親がやくざで、鼻ピアス、口ピアス、しているような子ですが、根は素直な男前。
女の子は、両親は東南アジア出身であり、辛い思いもしてきたかもしれませんが、
明るくて元気で素直な女の子です。

二人とも、凄く仲良くて、そのやり取りが素敵なんです。

でもですね。

二人が一緒に入れる時間はもうわずかです。
卒業すると、女の子は進学の為に東京を遠く離れるんです。

俺はそれが凄くもったいなく感じましてね。

で、この間、11月に帰国したときに少年に言ったんです。

『ぜったい、お似合いだから告白しろ。同じような恋愛は二度と出来ないぞ。』って。

そしたら、少年が本当に告白したらしくて
彼女は遠くに行かなくてはいけないから悩み、結局は断ってしまったらしく
私が今回日本に帰るまで、お互い会話をしない状態が続いていたのだとか。

で、私が彼らにあった日の事。

帰り道、俺と少年は別の場所に行く予定だったので
少年と女の子を最寄の地下鉄の駅まで送ったのですが、
その時、二人が並んで歩いているのを後ろから見ていましてね。

美しいんですよ。

二人とも、照れているのが後姿からも分かって
でも付かず、離れずの距離で、
ちょっと手を動かせばお互いの手が握れる距離なんです。

で、分かれるときに
女の子が、『道が分からなくなったら電話するから、来てね。』
少年が、『ああ。』

これだけの会話なんですけど、
もう、雰囲気が
先月まで、つまり、告白する前の二人の関係じゃないんですよ。

先月までは、
仲の良い兄妹みたいな感じだったんですが、
いまは、それに輪を掛けて、少年と少女なんです。
愛がもう、迸りそうになってんですよ。

いや、あのね。
言わせてもらうよ。

この文章を書いているうちに感極まってきて

ぶっちゃけ、俺は今、泣いている。
猛烈に感動している。

だって、聞いてよ。

親とも離れ、施設にいて、子供の頃から一緒にすごしてきた
兄妹のようにすごした二人に別れが近づいてるんです。

しかも、男女の愛が芽生えてる。

少年に言いました、ほんとに行かせていいのかと。

でも、もう、お互い好きで仕方ないけど、
だからこそ、変に突っ走って相手を失うのが怖いんです。
お互いが好きなのに、友達以上、恋人以上なのに、
それでも、お互いの事を思ってるんですよ。

この二人の生き様も美しい。
強くて、優しいです。



今、鼻を噛みながら書いていますが

私は以上の二つの出来事に非常に勇気付けられている。
心のタンクがガソリン満タンな気分です。

彼らに比べて、私を取り巻く環境のくだらない事ったらありません。

出張旅費を稼ぐカラ出張野郎や、
自分の地位を脅かすものに怯えている奴や、
保身に走っている奴など、くだらない話ばかりだ。

傷つく事に恐れてはいけない。
人を恨んだり、ネガティブな事を考えてはいけない。
何より、怯えてはいけない。

そう思います。

最近、同僚もこのブログを読んでいるということなので
あえて言うが、
仕事もそう有るべきで、
人間は自分の為だけには働けないのです。

強く、美しく、そういう生き方を目指したいと思います。

という訳でね。
俺もそのように人を愛したいので彼女を募集します。

こちらにて、写真付きでメル友募集をしていますので
是非、メールをください。

メル友募集

決していやらしい意味じゃありません。
違うんです。もうセフレはいらない。
いや、すいません。見栄張りました。
実際にはセフレも居ない。

真実の愛を探そう!YOU&MEで!
YOU,ME つまり、嫁!
俺の嫁になってくれ!

愛し、愛されたいんです。
そして、その暁に結婚したいんです。

来月、あの少年と少女にあったら、
泣いてしまいそうです。
 

シンガポール太郎

感動していてもランキングは気になります。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : シンガポール
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

非公開コメント

うぅぅ・・・

私も感動しました!!
人間の美しさに目がうるっとしました。
本の中の出来事みたいです。

私も美しく生きたいです。
でも私の周りも太郎さんと同じです。
そんな人たちは気にせず自分の信じた道を突き進みたいと思います。
私も余計なことにとらわれないまっすぐな恋愛したいです。

No title

なんて美しいお話。
極上の小説を読んだ後みたいに感じました。
、、、最後半部を除いて、、、。

みすずきんさん

そうでしょう!

美しい話なのです。
それに引き換え、俺はみっともない限りです。

年を取ると、どうしても打算的になってしまいますし、
何でも諦めがちですが、もっと強く、美しく生きたいと思います。

みすずきんさんもがんばってください!


> 私も感動しました!!
> 人間の美しさに目がうるっとしました。
> 本の中の出来事みたいです。
>
> 私も美しく生きたいです。
> でも私の周りも太郎さんと同じです。
> そんな人たちは気にせず自分の信じた道を突き進みたいと思います。
> 私も余計なことにとらわれないまっすぐな恋愛したいです。

ゆきさん

ゆきさん。

そうですか…
鬼の目にも涙ですな。

最後は落ちですよ。落ち。
いい話ばかり書くと恥ずかしいじゃないですか。
だから、書いてるんですよ。

> なんて美しいお話。
> 極上の小説を読んだ後みたいに感じました。
> 、、、最後半部を除いて、、、。
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。