スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム次郎さんファミリーとの出会い その1

アナタに年頃の息子がいるのならば、
一切れのパンと硬貨を持たせて旅にやるといい、
きっと見違えて帰ってくるはずだ。
(ロバート・アンダーソン)

何度も言いますが、
旅は少年を男にし、少女を女にする。
未熟な子供を成熟した大人にする。

精神が未熟であるものほど、旅によって大きなものを得る。
特にその旅が孤独であるほど、困難であるほど成長する。
旅は見聞を広め、心を広くする。

まだ見ぬ土地の土を踏み、人々と触れ合う。
きっとそれは書籍を百冊読む以上の知見が得られるはずだ。

『知るは見るなり』

旅を端的に表現するならば
文化を感じ、教養を養うことであると俺は常々思っている。

本来、文化と教養は一心同体であるべきであり、
旅には高度な知識は必要ないが全て教養ある行為が要求される。
教養の伴わない旅は、旅といえるしろものではありえないだろう。

こう書くと、いったい何が言いたいのかと言われそうだが
簡単に言うならば

文化とはその場所の住人とその活動であり、
教養とはそれらに敬意を示し、理解しようと勤める事にある。

6月23日~24日、
私はベトナム次郎さんファミリーに記念品を届ける旅出た。

これはその記録である。

6月23日(土)

朝9時に起床、因みに航空機の出発時刻は朝7時だ。

いきなり、この旅、最大の危機。

まだ旅にすら出ていないのに、
旅の危機が自宅のベットの上で俺を襲うなどと言う事は予想だにしなかった。

昨日の2件目がいけない。あれが余計だった。

痛恨の飲み会

、一軒目でチャラ男に説教していたら、
呑みすぎて二件目まで行ってしまった。

俺に関わった全ての男を、真の男にするというのは
俺の人生目標の一つであるが、飛行機に乗り遅れるなんて事があるんなら、
ちゃら男なんかほっときゃよかった。
あのチャラ男め、呼んでも居ないのに来て、
可愛いこが居ない、等と大きな声で言いおって、教養のかけらも無い。
お前の目には彼女達のよさが見えてないだけだ。ガキめ。

と、いきなり、
俺自身も教養なんかどうでも良いという気分になるが
ここで気を取り直すところが俺の良いところだ。

他人と過去は変えられない、しかし、自分と未来は変えられるのである。

自慢ではないが
私は飛行機に乗り遅れる事に掛けてはかなりの腕前である、
すぐさま、違う航空会社のホームページにアクセス、
ブログを書くよりも簡単に次の便を予約した。

と言うわけで、
予定より6時間くらい遅れて、
ベトナム、ホーチミンの地に降り立った。
この時点でも十分に約束の時間前である。

最大の危機を乗り切った俺は
久しぶりに、作り物ではない街に降り立った。
雑踏を目の前にし、アジアの仮借ない熱気を体に受け、
否が応でも気が高ぶる。

もう帰らないと行けないので、
続く
(写真を持ってくるのを忘れた。)

関係ないですけど、
あまりに本文が短いので私の料理の腕前を披露したいと思います。

皆様、お待ちかね!
今日の晩御飯のコーナーです!

今日はプチトマトの冷製パスタwith セロリの葉、カリカリベーコン、
鳥肉のデミグラス煮込み、キャベツの千切りサラダです!
上手く出来ました!

冷静パスタ

と、FACEBOOKをコピーして終わります。

シンガポール太郎

ここから、ランキングに戻れます!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
FC2カウンター
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。